光るプラカードはモバイルバッテリーで稼働する、イベント運営に特化したLED内蔵の電光プラカードです!

光るプラカード 紹介動画

様々なシーンで活用しています。ぜひご覧ください!

光るプラカード 組立動画

短時間で簡単に組み上がります。ぜひご覧ください!

光るプラカード 誕生のきっかけ

【光るプラカード】帰路誘導@山雅サンプロアルウィン場外

「光るプラカード」は、サンプロアルウィンで開催されるサッカーJ3リーグ:松本山雅FCのナイトゲームの運営をサポートするために開発した商品です。

サンプロアルウィンは元々2002年の日韓ワールドカップのキャンプ地用に造られたスタジアムでJリーグの試合を想定した構造となっていないため、ピッチは明るくてもそれ以外はとても暗く、案内することがとても大変でした。
松本山雅FCが初めてJ1に上がった2015年にはたくさんのお客様にご来場いただきました。しかしサンプロアルウィンの構造やアクセス上、案内においてお客様にご迷惑をおかけする事が多く、我々も大変な苦労を強いられることになりました。

そこで、誘導を「闇雲に頑張る」のではなく、自分たちが楽に運営でき、お客様にもわかりやすい案内ができるアイテムとして「光るプラカード」を開発しました。

光るプラカードの運用例:サッカー運営(シャトルバス)

光るプラカードの歴史

【光るプラカード】最後尾@山雅サンプロアルウィン場外

光るプラカードは2015年に試作品の製作を開始し、LEDテープライトを使用したプロトタイプ(ver.1:A3版のみ)を、松本山雅FCホームゲームで初めて運用しました。

2016年6月に製品版(ver.2:A3版のみ)を製作し、2016年の山雅ナイトゲームから運用を開始しました。

当社が運営協力しているイベント以外でも使用していただけるよう、2017年から販売・レンタルを開始し、2017年11月からはA2版以上のサイズの開発も始めました。

現在では各種サイズのカスタマイズ製作やポールやA看板などに取り付けるための各種アタッチメントなど、様々なシチュエーションに対応した提案・プランニングも行なっています。

光るプラカードの特徴

【光るプラカード】組立

サッカー大会の運営など、夜間・暗い場所でのイベント運用をメインに開発したため、以下の点に優れています。

利便性

向き(縦/横)・高さを自在に変えられるので、プラカード・看板・照明など様々な方法で使用できます。

光るプラカードのバリエーション一覧

携行性

イベント会場に毎回備品を持ち込む用途で開発したため、分解して持ち運びが可能です。乗用車のトランクには約20枚積み込むことができます。

光るプラカードの運搬・収納

軽量

長時間手に持って使用するために、電飾部があるにも拘わらず、一般的なプラカードよりも軽く製作しました。スタッフに負担がかからない手持ちプラカードです。

安全性

周囲をクッションで覆っており、転倒などによる怪我の危険性を軽減しています。

汎用性

市販のモバイルバッテリーで稼働するので、バッテリーを使い切っても交換すれば継続して点灯できます。
また、市販のプリンターで印刷したものを使用するため、自由に表示面(ラミネート加工した印刷物)を変えることができます。

強度

背面でポールとライトユニット(盤面)をボルト固定し、ポール全体でプラカードを支えているため、10m/sの強風でも使用可能です。

※風速10m/sでもプラカードは壊れませんでしたが、プラカード自体が風で飛ばされる危険があるため、弊社では強風時の使用を控えています。

価格

A3サイズ:標準セットは19,800円(税込)と電光プラカードでは業界最安!当社調べ

価格表・オプション一覧

カスタマイズ

オーダーごとに製作していますので、用途や環境に合わせることが可能です。定形のA1~A4サイズだけでなく、指定のサイズでも製作対応しています。

カスタマイズ一覧

サステナブル

簡単に表示面の入れ替えが可能、またテープなどの固定具が必要としないため、1本あれば様々なシーンで活躍できる、再利用可能(リユーザブル)なプラカードです。

光るプラカードの弱点

【光るプラカード】雨天対応・シャトルバス誘導@山雅サンプロアルウィン場外

一方、メリットを突き詰めた結果、以下の弱点がございます。

防水性

雨天時は透明のビニール袋を被せることで使用可能です。

耐久性

軽さを優先しているのでライトユニット(盤面)自体の強度はあまりありません。

見た目

明るいところで見ると若干ダサいです。また明かりが均一でないため、完全にムラ無く表示させることは難しいです。

寒さ

モバイルバッテリー(リチウムイオン電池)の特性で、5℃以下の環境ではバッテリーの消費が早くなります。