案内表示(印刷物・看板・POP)の見え方

光るプラカードは内障式で内側から光を発します。その光が強いため、100m以上離れるとタダの白い灯りとなってしまい、案内表示(印刷物・POP)に印字されている内容はほぼ視認できなくなります。
そのため、当方が担当する松本山雅FCホームゲームのシャトルバス乗り場運営(J1時代)では待機列が300m以上となったため、遠くの人からもわかりやすいように通常+カラーLEDの2枚の光るプラカードを使用し、「松本駅行きシャトルバスは青色の光を目指してください」と案内し、近くになれば文字が視認できるよう案内していました。

光るプラカードの運用例:サンプロアルウィン サッカー運営(シャトルバス誘導)

先日、お客様から「光るプラカードって何メートル先まで視認できるの?」とお問い合わせがあり、100m以上離れると視認できないのは知っていたのですが、何メートル?という精度で調べていなかったため、文字の大きさや背景色でどのように視認性が変わるのかを調査してみました。
日中の案内表示(POP)のみを使用した「光らないプラカード」での視認状況も合わせて調査しています。

当方のスタッフの目視による調査のため、見る人によって誤差がありますが、参考にしていただければ幸いです。

( 修正 / 投稿)

案内表示(POP)のデザインと見え方について

各種POP

こちらのPOPで距離や日中/夜間(光るプラカード使用)の見え方の違いを検証してみました。
※POPはすべてA3サイズ。確認者の視力は両眼で0.8。こちらを基準にしたデータです。

日中
(光らないプラカード)
10m
30m
50m ×
夜間
(光るプラカード使用)
10m
30m
50m ×
色は認識
×
色は認識
×
色は認識
××
色も微妙
×
色は認識
80m ×
色は認識

ギリギリ

ギリギリ
×
色は認識
××
色も微妙
×
色は認識
××
色も微妙
×
色は認識
×
色は認識

ギリギリ

以上のことから、光るプラカードには濃い背景色に白文字(大きめ)が有効です。道路の案内標識もそのような色になっているかと思います。
また、黄色の背景色は光るプラカードのライトで色が飛びやすいため、少しでも遠くまで認識させたい場合には不向きであると言えます。
【参考HP】標識にいろんな色があるのはどうして?|佐賀国道事務所
【参考HP】高速道路の標識はなぜ緑色?デザインはどうやって決めている?|くるまのニュース

文字の大きさに関しては50m以上離れるのであればA4サイズに一文字、A3サイズだと二文字など、大きい方が視認性が高いです。

こちらの表にある通り日中でも夜間でも30mと50mで明確な差がありますので、A3サイズの案内表示を屋外で使用する場合は30m程度を基準にお考えください。
それ以上に離れるのであれば文字の数を少なくするか、プラカード自体を大きくすることが望まれます。

遠くの方に認識していただく参考例:その1

【シャトルバス待機列】[松本駅]最後尾

松本山雅FCホームゲームの帰路シャトルバスの待機列を整理する際に使用した光るプラカードです。

前面2枚(青LED+案内)、背面1枚(案内)のプラカードを使用しています。
前面に2枚使用しているのは前面下の印刷物だけだと光るプラカードの光が強すぎて印刷物の色が飛んでしまい、白く光っているようにしか見えなくなるためです。

そのため、前面上に青色LEDのみを表示するプラカードを取り付け、遠くからでもお客様に青色の光に向かっていただくよう指示することでわかりやすい案内・誘導を心がけております。

遠くの方に認識していただく参考例:その2

こちらも松本山雅FCホームゲームの帰路シャトルバスの待機列を整理する際に使用した光るプラカードです。

前述の松本山雅FCホームゲームの松本駅シャトルバスと同様の構造で、前面2枚(緑LED+案内)、背面1枚(案内)のプラカードを使用しています。

光るプラカードの運用例
シャトルバス誘導