光るプラカードのカスタマイズ・仕様変更

カラーLED(単色)に変更

【光るプラカード】カラーLED(単色)に変更(最後尾看板)

赤・青・緑・黄色のカラーLEDに変更が可能です。

通常の白色LEDタイプでは100m以上離れると表示面が読み取れなくなります。そのため、広範囲の誘導で使用する場合はカラーLEDを使用した光るプラカードで案内すると効果的です。

単色(A4版) 17,600円
(税抜価格 16,000円・標準価格+1,000円)
単色(A3版) 20,900円
(税抜価格 19,000円・標準価格+1,000円)

イベントナガノではシャトルバス乗り場の管理の際、カラーLED版と通常版の2枚を使用しています。詳しくはこちらをご覧ください。

運用例:サンプロアルウィン運営

カラーLED(可変色)に変更

光るプラカード:カラーLED(可変色)に変更

スマートフォンにアプリをインストールして、アプリで色や点灯パターンを変更できるLEDに変更が可能です。

色を変更するだけでなく点滅させることができるため、別途点滅コントロールをご購入いただく必要はありません。

可変色版(A4版) 19,800円
(税抜価格 18,000円・標準価格+3,000円)
可変色版(A3版) 23,100円
(税抜価格 21,000円・標準価格+3,000円)
可変色版(A2版) 44,000円
(税抜価格 40,000円・標準価格+5,000円)

吊り下げ加工

【光るプラカード】吊り下げ加工(記入コーナー案内)

光るプラカードの側面に吊り下げ用フックを取り付けられるように加工します。

吊り下げフックを利用すれば、L字スタンドなどに取り付けることが可能になります。

横向き 2,750円(税抜価格 2,500円)
縦向き 2,750円(税抜価格 2,500円)
縦横両方 4,400円(税抜価格 4,000円)

両面タイプ追加

光るプラカードを両面で使用できるように加工いたします。

両面加工(ポールなし) 16,500円(税抜価格 15,000円)
両面加工(ポールあり) 19,800円(税抜価格 18,000円)

両面で使用するには通常タイプ+両面タイプの2枚が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

光るプラカード:両面タイプの取付方法

耐水強化(構造簡略化)

光るプラカードはちょっとくらいであれば濡れても使用できます(LEDケーブルに防滴加工)

しかし、通常のタイプはUSBの接続部やモバイルバッテリーが水に弱いため、USBスイッチを使わずにライトユニットからUSB接続端子を伸ばした構造にすることにより、多少は濡れても大丈夫な構造にカスタマイズすることが可能です。

※電化製品ですので、防水性を強化したこのタイプでも雨天対策(透明のビニール袋を被せる)をすることを強くおすすめします。

※ケーブルの取り外しができないため、収納時などでケーブルが嵩張ります。

耐水強化対策 無料(追加料金無し)

LED増量

光るプラカードに使用しているLEDを中央に増量し、更に明るく表示することができます。

中央1列増量 4,400円(税抜価格 4,000円)
中央2列増量 7,700円(税抜価格 7,000円)